【淡路市】農地転用許可おりました

少し前ですが、平成31年1月24日付で淡路市農業委員会へ申請した農地転用の許可が、3月18日付でおりました。

今回は、身内と親せきが所有している農地に太陽光発電設備を設置するという計画です。申請対象地は3筆で、実態としては一体的に利用します。他者が所有している農地を利用しますので、5条許可申請です。

隣接地が農地の場合、農地の所有者または小作者から同意書をもらう必要があります。今回、問題・・・というか、申請にあたり引っかかったのは、隣接農地の所有者が共有状態にあったことでした。中には5人の共有状態で、実質的にその農地を管理している1人以外は全員県外在住という農地もありました。

 

その他、昭和22年に家督相続した方が2分の1の持分を持っている農地も。

 

こうなると、実質的に全員から同意書を取ることは、ほぼ不可能。不可能と言えないまでもかなりの困難を伴う作業となります。

 

が、こういう場合は、同意書を取れない事情を説明する「疎明書」を提出することで対応しました。

許可がおりたのは3月中旬で、その後すぐに着工したそうです。

もうそろそろ太陽光発電設備が設置できているかもしれませんね♪

行政書士なかひろ事務所は、農地転用のほか、各種許認可申請に対応しています!

まずはお気軽にお問合せください。