最近依頼の多い業務

私は行政書士なので、一番多い業務は建設業許可を始めとする許認可申請業務です。許認可申請を中心として、企業法務全般に対応できるように、日々研鑽しているわけですが、最近密かに依頼の多い業務があります。

 

それは取締役会設置会社の廃止と監査役設置会社の廃止です。旧商法時代は、取締役会を設置しなければならないため、取締役は3人以上必要でした。また監査役は委員会等設置会社以外では必ず設置しなければいけませんでした。

 

しかし現行の会社法においては、取締役会は必ずしも設置する必要がなく、また監査役も定款により任意に設置することとなりました。

 

旧商法時代、小規模な会社では人数合わせのために、代表取締役の親族を取締役や監査役にすることが多かったようです。結果的に取締役会や監査役としての役割が機能していなかったのですが、現在もその時の形態を維持している会社が一定数あるようです。

 

現行の会社法では、定款を変更することにより役員を社長ひとりにしておくことができます。監査役の設置も必要ありません。

 

登記が絡む案件なので、当事務所では提携司法書士と協力して対応しています。